2012年02月26日

沖縄で傘はいらない?

「沖縄の人は傘を持たない」というのを以前どこかで
聞いたことがある。

なぜなら、沖縄は突然雨が降ったり止んだりするから
面倒くさいので“傘を持たない”ということである。

すぐ止む雨ならわざわざ荷物を増やしたくない、
といったところだろうか。

確かに沖縄を旅した際、夏場などはいきなり
スコールのような嵐がきたかと思えば、すぐに止んで
数分後には太陽がギラギラと照りつける、なんてこともあった。

まるで東南アジアのようだが、沖縄は亜熱帯気候に属するので
それに近い感覚はあるのかもしれない。

それにしても傘を持たないは言い過ぎだろう。
雨が降りそうなら、いくらなんでも持っていくハズだ、
とずっと思っていた。おととし伊江島へ行くまでは…。


伊江島の旅では節約をすべく、レンタサイクルと
歩きの旅にしようと決めていた。

時間を有効に使うため、朝早くから島を周ろうと意気込んで
宿を出たらどうも天気がすっきりしない。

レンタサイクルに乗って数分経ったころに、ポツリポツリと
来てしまった。

まぁ、このくらいならしばらくは大丈夫かな、
と思った数分後…

ゲリラ豪雨が…!
いやスコールか?!

地面に突き刺さるような雨が降ってくる。
しまいには、木々が揺れて視界が真っ白に。

必死で近くのコンビニに避難し、長いビニール傘を買った。

そしてそれから数分後、雨がピタッと止んだ。

少しの間コンビニで立ち読みしていれば雨は止んだのに
リュックひとつの身軽な旅のハズが「傘を持ち歩く」という
面倒くさいシチュエーションに…。

そして翌日も同じようにスコールが来て、今度は道端の
木の陰に隠れた。

そして、10分後に太陽が出てきた。

傘からはみ出た衣服も数分で乾くほどの晴天になった。
その後も、雨→晴れ→雨と続き、だんだん雲の速度と
空の色で天気が読めるようになってきた。

昨日の失敗を繰り返さないように、折りたたみ傘を一応
持参したが結局一度も開かなかった。

沖縄の旅でザーっと豪雨が来たらまずは軒下か、
木の陰に隠れましょう。しばらくすれば止みます。

濡れた服は太陽(てぃだ)カンカンなら自然に乾きますので
大丈夫!
posted by irayoi58 at 22:24| Comment(9) | 沖縄